アーティフィ空間お花好きの皆さんにお届けするコラム&ブログ

  • Updated:2015/04/10
    • MAGIQコラム

無機質な花器と花の持つ自然美で装う スタイリッシュなインテリアフラワースタイル

フラワーデザインの仕事を続けていると、新しくオープンするショップやレストランなどのフラワーデザインを手掛けられるお客様と一緒に花と向き合う機会も多くなってきます。そういった方との会話の中で、モダン、スタイリッシュ、エレガントなど様々なキーワードが出てきますが、中でも多くあげられるのが「スタイリッシュ」です。スタイリッシュ=「少ない花材でシャープに見せる」といったようなイメージが一般的ですが、ボリューム感もあり狭いスペースでも存在感を漂わせる印象的なアレンジメントはインテリアとしてはもちろんのこと、新築祝いや開店祝いなどの花贈りの場面でとても喜ばれます。

今週は花とフラワーベースというシンプルな組み合わせの中で、スタイリッシュをテーマに、アーティフィシャルフラワーのアレンジメントをご紹介いたします。

インテリア雑誌などにおける「スタイリッシュ」の意味を調べてみると、無機質でシャープな印象のデザインという説明が見られます。具体的には建築物の外壁や内装、インテリアに金属やガラス、石などの素材を用い、直線的でムダのないスマートな印象のデザインことをスタイリッシュと表現しているようです。今回メインに使用する花器はまさに「スタイリッシュ」という言葉がぴったりのグランシリーズのマットホワイトとゴールドを選びました。

グランマットホワイトは、シンプルなスクエアな筒型で上部とボディの表面を異なる模様で仕上げた凝ったデザイン。表面はザラっとした質感で壁面に使用する「石」を思わせるイメージです。

一方のグランゴールドは表面の渋い光沢仕上げにより、メタリック=金属のイメージを強く印象付けたデザイン。両方の花器に合せる花材は、器のスタイリッシュな意匠を意識してその中にもモダンな空気を漂わせるカラーと、エレガントさを漂わせるシンビジウムをメインフラワーに選択しました。

カラーはツヤ感がある少し厚めの花弁がよりスタイリッシュな印象を与えてくれると思います。ステムの滑らかな表面の質感を丸いラインにまとめて「茎で魅せる」アレンジにしています。植生を活かしながら、スタイリッシュながらもエレガントなアレンジメントに仕上げることができたと思います。マットホワイトの石のような質感と洗練されたフォルムに合わせツヤ感がある少し厚い花弁のシンビジウムでガーランドを作っています。ほのかにグリーンがかったイエローグリーンのグラデーションが美しい咲き姿を強めてくれています。

ゴールドは、深い紫のグラデーションで統一し、その中で花材と花材そのものの色合い、質感が活きるようにデザインしています。ラウンド型で、器、花、ステムのバランスを楽しむアレンジと、飾る場所やイメージに合わせてスタイリングができるように小ぶりながら咲き姿が美しいシンビジウムをガーランドパーツにしました。

マットホワイトを対で使うアレンジには、メインフラワーと調和するグリーンのアジサイを合わせます。

ゴールドを対で使うアレンジにはブラウンのシンビジウムとグリーンのミックスカラーを合わせました。艶やかな紫のグラデーションのアジサイのブーケを組み合わせて飾ると、シックななかにスタイリッシュな味わいが出て器や花の印象を更に強めてくれるように思います。

器、メインフラワー、ステム、そしてガーランドの流れをバランス良く構成できるとアレンジメントの奥行が広がるように感じます。そのためにはそれぞれの特徴をしっかり表現することがとても重要だと感じます。花器の無機質さと、花のもつ有機的な温もりやしなやかさによって、ナチュラルでスタイリッシュなインテリアフラワーを楽しめます。

現在はコンクリート打ちっぱなしの壁や石のインテリアのように無機質で硬質的な色合いを有効に使ったインテリアが多く見受けられます。そこに「花」という自然なモチーフを組み合わせ、和みや心地よさを感じるスタイリッシュを楽しんでいただけたらと思います。そうした無機質な素材と長く楽しめるアーティフィシャルフラワーやアーティフィシャルグリーンにLEDキャンドルの灯りを組み合わせるスタイルも人気を集めています。花と灯りを組み合わせた表現の魅力は、無機質な中に花と灯りが持つ温もりが加わり独自のスタイリッシュさを醸し出します。

アレンジメントで使用したお花やベース、資材の一覧です。
(少し季節を先取りしてご紹介していますので品切れの際はご容赦ください。)

花材 ヴィンセントカラー
プラチナシンビジウム
ブライトシンビジウム 2色
アリスハイドレンジア 2色
ホスタリーフ 2色
ベース(※) グランSS 2色(※)
資材 QVCテープ
ルミナラ3×4
ルミナラ3×6

※グランSS

今週のお勧めベースは、グランシリーズ(マットホワイト・ゴールド)です。直線と曲線のデザインバランスがとても良く、2通りの模様で表現したボディ仕上げがスタイリッシュです。用いる花次第でナチュラルスタイリッシュやエレガントスタイリッシュなど多彩な表現が可能です。

今週も最後までお読みいただき有難うございました。花のある暮らしの楽しさをお届けする「MAGIQでお花を楽しむコラム」を通じて、次週も皆様とお会いしたいと思います。

Copyright © 2014 TOKYODO Co., Ltd. All Rights Reserved.